読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題山積 さらにどん!

観劇とか、自分のすきな役者とか、すきな舞台とか

2.5舞台とはかくあるべき、とは

2.5舞台とはかくあるべき、とはいわないけれど

 

この春、私は二つの対照的な舞台をみた、と思う。
それは「ミュージカル『スタミュ』」と「舞台『ジョーカーゲーム』」である。

この二つは、つまるところ自分が推し俳優のためにかなりの回数通ったのだけれど、いろんな意味で対照的だなと思っている。

変なたとえなんだけれど、関数のイメージ。

原作×[演劇手法]=評判のよい2.5舞台

あくまで舞台に通う中で感じた体感にすぎないのだけれど、「スタミュミュ」も「ジョーカーゲーム」も、原作に根強い人気(ぶっちゃけでいうと、濃いファン)がある。そのうえで、その原作ファンの、舞台化の評判はとてもよかったと思っている。

上の関数(この場合は本来の「函数」のイメージなのだけれど)では[演劇手法]の部分が、スタミュミュとジョカゲでまったくといっていいほど違う。
それなのに、評判がいい。
それはつまり、「評判がいい」という手法はなにも一つではなくて、正解があるわけではない、ということだ。

あたりまえのことなのだけれど、作品によって演出のあうあわない、は明らかに存在する。

またもおかしなたとえになるけれど、ふわっふわの少女漫画(自分年寄りだからネタが古いけど、たとえばときめきトゥナイトとか)を、さいとう・たかを(ゴルゴ13ね)の絵柄で描かれても、まったく萌えない。
反対に、ゴルゴ13のストーリーを、池野恋の絵柄でやられても困る。
少女漫画のきらきらした絵には、たとえば「エロイカより愛をこめて」とか「ツーリング・エクスプレス」みたいに、同じスパイものでも華やかな部分を前面にだしたストーリーがあってくる。
エロイカに関しては、少女漫画とはいいながら、人物造形はおっさんのかき分け含め、少女まんがらしからぬ絵柄であることはこの際おいておく。華やかなキャラクターがいて、華やかな部分があるのは事実だからだ)

ものすごく余談だけれど、あわない作風なのに、力業でなっとくさせてしまったのが、立原あゆみだとおもう。あのシュガーテイストでかわいらしい絵柄で、一貫してヤクザモノを書き続け、結果それで納得させている。すごい。(大昔は、彼は少女漫画誌で書いていた。当時の漫画は結構好きだった)


まあ、ちょっと話がずれたけど、作品にあった作風、演出技法というのがそれぞれ異なっている、というのは考えてみれば当たり前の話だ。

だから結果的に「アニメファンがすごく楽しんでくれた舞台」と一口にいっても、その表現方法は全然違っても当然なのである。

だから、2.5はこうやればいい、っていう正解は正直ない。

 

スタミュとジョカゲで、原作ファンの満足する部分は明らかに違う。

基本的には、「キャラクターがそのまま舞台にいる」という感動は必須だと思うのだけれど、(そこには、トータルで「らしさ」が表現されていることが必須)
その上で、「スタミュミュ」は「アニメがそのまま舞台になった」という感動があった。
対してジョカゲの場合は「みたかったD機関員」という部分が大きいような気がする。
スタミュミュでも、「ここのダンスの振り付け見たかった」っていう部分はあったろうし、ジョカゲでも「このシーンがまんま再現されている! 仕草がまんま○○! ○○が生きてる!!」という感動はたしかにあったと思う。でも大きな感動ポイントはそんなふうに対照的だった。

 感動ポイントがちがうなら、当然、そこを演出するアプローチだって違う。だから、それぞれが全然ちがった舞台だったけど、2.5舞台として成功した、といっしょくたにしていいんだと思う。

 

そのうえで、この2作品に共通する部分はたしかにあった。

一番大きいのは、「原作(アニメ)へのリスペクト」だと思う。

そして、原作スタッフの全面的協力。実際どのぐらい協力しているかはわからないけれど、スタミュもジョカゲも、公式や関係者が舞台についてずっとつぶやいてくれているのはそれだけ注視しているからだろうし、それが原作のイメージをそこなうものであったら、そこまでつぶやかないと思う。とくに終わった後に。

(始まるまえは宣伝の問題もあるから、つぶやくのはまあ…ビジネスとしても大事なことですよねうん…)

2.5でも、原作陣ノータッチってけっこうあるけれど、この2作は、たとえばスタミュは原作のスタッフがかなり名前を連ねているし、ジョカゲもどうやらかなり原作側と協議した形跡がみられる。

 

変ないいかたになるけど、原作を尊重し、原作スタッフと交流があるというのはものすごく大きなことだと思う。特にスタミュでそれを感じた。

ランズベリーアーサーという、アニメも舞台も関わっている役者、共通でかかわっている振り付け者。

舞台が独自解釈だけで完結せずに、(そのままうけいれるかは別として)原作側の人間に、意見を求めやすい環境というのはそれだけで貴重だし、「…どうしてこうなった」がすごくすくなくなると思う。(なにごとにも例外はあるけれど)

 

ふるまいや声音をトレスするのが2.5だとは私はおもわないのだけれど、でも、やっぱり原作あってこその2.5で、演劇なり、役者が演じるなりの独自性はあっても、そこの根底に原作へのリスペクト、キャラクターへの理解がないと成り立たないとは思っている。

 

disるけど、映画とかドラマはどうしてもそこがおろそかにされがちなのが、原作ファンの怒りをかうのだと思う。キャラクターの位置づけ、性格、容姿をキャスティングした役者にあわせて安易に変更する。ストーリーもそれにあわせて変更する。

その変更の割合が、原作好きには容認しがたいレベルであることに気づかない。

 

個人的に、実写ヤマトはキムタク除いてかなり健闘した方だとおもうのだけれど(ただし、キムタクには原作への敬意はちゃんとあったので、それなりに評価はしている)映画やドラマでは、真田さんのイメージはぎばちゃんのあれが精一杯なのはよくわかる。2.5舞台だとたぶんもうちょっと似せられるような気はするけれど。

 

実写ヤマトは、キメラのような作品で、アニメが好きすぎる出演者は、本当にリスペクトしたキャラクターを演じていたけれど、そうでない人との差がいちじるしかった。でもその差が、ふつうの実写化と、2.5舞台化の違いにちかいように私は思っている。

 

勝吾くんは、「役者めあてできた人が、原作に興味をもてるように。原作ファンが、今後自分たちの舞台に興味をもってもらえるように、その間をつなぐかけはしになりたいと思ってます」といった意味のコメントをしていた。

彼は2.5系の舞台に出るときはいつもそういうコメントをしている。でも理想として、そうなってほしいなと思うし、ある程度、スタミュとジョカゲはそれに成功したんじゃないかなあという気がしている。特にスタミュの双方向交流っぷりがすごいと感じている。

 

スタミュって、ほんとうに光のアニメで、舞台もまた幸せしか生まなかった。

100%満足はしないだろうけど、でも圧倒的に「楽しかった」と楽しい気持ちで帰ることのできた舞台。

本当にすてきだなと思っている。

 

まとまらないけど、この辺で。

個人的には、しょーごくんの役作りについて、ちょっとつっこんでかいてみたいところである。

 

スタミュミュはいいぞ

スタミュミュが終わった。

4月1日から、全16公演、東京12公演、大阪4公演。

 

私は、東京9公演、大阪3公演みた。おや、けっこう見たね。

 

ぶっちゃけ話、開演前は不安で不安でしょうがなかった。

事前情報がほぼない。

ちむらぎはいっぱい情報も写真もあがるのに、ほぼちむとりはなし。

稽古してるの?レベル。

実際、稽古期間の三月は、勝吾くん、毎週のようにイベントゲストに個人イベント…稽古できてる?と不安に思うレベルで。そのくせ、ほんとにブログでスタミュミュの話がでてこない。

もしかして、スタミュミュに出るって言うのが誤情報じゃなかろうなとおもってしまうほどでしたわ。

 

なんにもわからない。でも、勝吾くんが、ダンスが苦手なのは周知の通り。

(素人に教え慣れている振り付け師が、カウントで教えるのをあきらめた(歌で教えた)というのは密かに有名な話)

アニメのスタミュは、あらすじをざっとみて、歌は全部聴いて(一挙放送をとばしながらみた)、タヴィアンを捜索する回はきちんとみた。それぐらい。

 

スタミュミュがものすごくダンスの多い舞台だろうことは、アニメ見ただけでわかってた。

さてどうなる?

不安とともに始まった初日マチネ。

鳳先輩に目が釘付けになった。

キャリアで想像してたけど、やっぱり上手い。

「たかが2.5」という言葉はすきじゃないけど、

コスト・パフォーマンスの関係において、東宝ミュージカルとかブロードウェイミュージカルの輸入物とかと、2.5の舞台にはあきらかな差がある。

それは、稽古に割ける時間、舞台を作り上げるスタッフの数、手間が全然違う、いわゆる「お金の差」ってやつだ。

たとえば、大戸屋と和食5000円の夕食をくらべて、5000円のほうがおいしい!っていうのは当たり前の話。

この値段で食べられるにしては、大戸屋はおいしい、ということであって…。

まあ、チケットは2.5も最近は高騰していて、このレベルにこの値段つけるのかよ、と思うことはままありますが。

まあ、ただ、2.5といわれる舞台のパッケージトータルにかけられる費用、人材というものを考えた上で、おのずと、出演する俳優の格というか、レベルが決まってくる。

鳳先輩役の丘山さんは、正直、わかっていたけど、「なんでこの人が?」という格のキャストだった。

ただ、先走るけど、このミュージカル「スタミュ」を成功させたかなりの割合は、この丘山さんが演じる鳳先輩の存在感によるところがおおきいんじゃないかと思う。

主役が引っ張るという意味ではなくて、うまくいえないんだけど、バックグラウンドっていうか、世界観の醸成にものすごい力をもっている。

ミュージカル学科を目指す一年生たちのあこがれの先輩。それも鬼才といわれるようなきわだった才能を持つ鳳樹。

丘山さんの歌とダンスは、その「あこがれ」を観客に率直に訴えかけてきた。

綾薙学園の一般生徒と同じように、あこがれる相手としての華桜会をみせつけられた。

この説得力はものすごい。

 

今回、スタミュミュのキャスティングはものすごく上手いと思っていて、

推しの勝吾くん、たぶんオファーだけど、彼も制作にとっては肝いりのキャスティングだったんじゃないかなと思っている。

チーム鳳のキャストは、正直あまり歌がうまくない。

そのなかにぶちこまれた鈴木勝吾は、キャリアも、チーム内では上。歌もうまい。

梨園の御曹司、物心ついたときからプロの役者をやっている存在感、という意味で説得力のあるキャスティングだった。

ずっと薄ミュで着流しの殺陣をやってきているから、着物の身ごなしも、まあふつうの若い俳優よりは慣れている。

今までの勝吾くんをしらない人が、「天花寺が、和装をしてるようにみえることがままあった」と感じたのは、すごい褒め言葉だと思う。おしえられてできるものでは、多分ない。

 

さていったん中断。

 

 

 

ココア男。(そのいち)

今日で、ココア男。が解散して5年。

活動期間2年、もう解散してからのほうが長いのに、なんだかとても印象的だったグループ。

 

わたしも、たぶんココア男。の活動がなかったら、ここまで勝吾くんを応援してなかっただろうなと思う。 

 

一時期、ココア男。の活動は、勝吾くんの役者人生を考える意味で回り道だったんじゃないの?と思っていたんだけど、(でも好きなんだけど)

でもいま思うと、あの回り道は、たぶん彼にとってものすごい意味のある回り道だったんだろうなと思う。役者の経験値はたしかにおくれをとったかもしれないけれど、シンケンジャーおわった直後にそのまま放り出されてたら、へたするといま、勝吾くんは役者やってなかったんじゃないの、とさえ思う。

 

 

シンケンジャーの直後から、勝吾くんが、バンドを組むことになったのは知っていた。番組企画で、本人弾いたこともないのにギター担当!
「帰ってきたシンケンジャー」のメイキングで「俺弾いたことないのに、ギターなんだよ」ってりんちゃんに言ってるのは多分この話。

まあでも、チェックはしてるけどそんなに興味はない、そんな状況だった。メイン関西だったし。

ただ、東京のお披露目イベントが、サンシャインであると聞いて。長い友人(いま一緒にぶたいにいってる人です)と、別舞台に夜に行くことになっていて、その前にのぞけるからどうかしら?と誘われて、せっかくだしとその気になった。

あのサンシャインがなかったら、私は鈴木勝吾にここまではまっていなかったかもしれない。

ココア5人のうち、知っているのは勝吾くんだけ、という状態なのに、このおひろめイベントのトークがまた面白かったのだ。

自由気ままに動き回るイデタク。
となりの人一番ちびちゃいこーちゃんの上着の裾をにぎってた(いやほんとなんだよ!)細貝のけいちゃん。
トークがむっちゃおもしろかったケンケンとこーちゃん。
ウリがかわいい笑顔しかなかったしょーごくんが気の毒なぐらいだった。

とりあえず、CD買おう、活動チェックしよう。
そういうふうに一緒にいった友人と決意して、みれなかったヘブンズロックの集中上映にも行って。

これがまた面白かった。
まあ中身はくっだらないコメディだったんだけど、とにかく前後のトークが面白い。
ココア男。といえばやっぱりトークなんだけど、私がココアが好きになった最大の理由はやっぱりケンケンを中心とするトークだなあとしみじみ思う。

あと、曲が基本的にものすごく好みだった。
これは私がよく聞いてた時代のシンプルなロックにテイストが近くて、たぶん曲だけ聴いても「好きだ」ってなってたと思う。この曲でどかんとおちたのは「リバース」なんだけどそれはまた後の話だ。

ココアの衣裳は、1年たったころから吉田ナオキさんがトータルで手がけるようになった。今でも、ココアの元メンバーがなんかおしゃれな格好をするときはナオキさんのスタイリングなことが多い。あのときの信頼関係が今もつづいてるんだなと思う。
とにかく、ココアのかっこいい衣裳といえばナオキさん。
ほんとにあのテイストがすき。今でも、ココアメンバーで、「お?!」と思うカッコのときって、ナオキさんだーってあとでわかってすごく納得する。

同じく、ヘアメイクも、薄ミュの加奈子さんが手がけてると、半分ぐらいの確率でそうだな、と解る。これはもうほんとに面白い。
(みわけるポイントは、でこをかくさない・である)

共通認識の強さ(おもに災害について。でもドラえもん)

生き残るための知恵として、日本の防災教育は本当に素晴らしいと思う。
とっさのとき、どう動くのか。頭のいい人、訓練をうけている人は状況を素早く判断して最適の行動を取る。
でも、ふつう、自分の想像の外のことが起こったらどうすればいいのか、途方にくれるのが普通。

その点、日本の防災教育はすごい。ぐらっときたら、頭をまもるために机の下へ。扉があかなくなるかもしれないから扉を開ける。落ちてきたもので傷つけないように靴を履く。
なにかあったときの避難所も設定されている。
子供の時から繰り返したたき込まれているから、とっさに体が動く。そのときうごかなくても、周りがそうやったら、ああそうか、と追随できる。

あくまで日本の環境に最適化されたものではあるけれど、子供の時から避難訓練を続けているのはだてじゃない。

これがうまく働くためには、「避難の先がちゃんと避難所として機能している」「他の大勢も同じような行動をとる」ことが必須(とくに後者は必須だと思う)なのだけれど、なにもかんがえなくても最低限の身を守る行動に移ることができるというのは、これだけ災害が多い中では必要なことだよね。

地震、台風にかんしては、毎年のように起こる。それをテレビが報道する。
どうなんだろう。小さな規模であったとしてもこんなにひんぱんに災害が起こる先進国って他にあるんだろうか。
ニュース報道は、いきすぎのものもあって、眉をひそめるものもあるけれど、こういうときはこうする、という情報を与えてくれている面はたしかにある。
日本のどこかでひんぱんにこういうことが起こってるんだよという実感をどこまでもてるかは人それぞれだけれど。

ちなみにこんなことをかんがえたのは、こないだ見た舞台版ドラえもんをみたから。
どの年代にも最低限「ドラえもんとはこういう話だ」っていうのと、どこでもドアとかタケコプターがわかるっていうのは、作劇上、すごい強みだなって思った。

ロボ・ロボ(2014版)

鈴木勝吾にとって、間違いなくその後の世界が変わった一本だと思う。

あくまで私の感想ではあるけれど、

ミュージカル薄桜鬼という作品によって、役者としての地力を蓄えて、

それを世間様にみてもらえたのがこの「ロボ・ロボ」なんじゃないかと思っている。

さらにそこからまた、大きく挑戦し、みごとそれに勝ったのがカラーオブライフなのだけれど。

 

「ロボ・ロボ」の上演が決まって、キャストが公表されたとき、

「このなかで、格下で相当がんばんなきゃいけないのが、鈴木勝吾と川隅美慎だな」と思ってた。

 どうか、足を引っ張ってるって言われないようにがんばってほしい、って思ってた。

 鈴木勝吾ファンの私でさえ、ロボ・ロボを見る前の評価はこういうものだった。

 

 当時は「ロボ・ロボ」を知らなくて、今DVDであらためてこの作品を見た勝吾ファンは、「さすが勝吾くんですね!」っていう感想を言っている。

 そのことに愕然とする。いい意味での愕然。

 グールのニシキ。パラノイアサーカス、ライブ2の風間、つむ鴨の佐川。そういった演技を見たうえで、ロボ・ロボを見た人たちは「コックがいい演技をしていること」を当然とみなしているんだということ。

今、振り返って「ロボ・ロボ」を評価すると、当時あの舞台を生でみたときの衝撃は伝わらないかもしれないなと思う。

 

言葉を選ばなければ「ごめん、勝吾くん、あなたをみくびってた!」というのが一番そのときの気持ちかもしれない。

そして同時に、「薄ミュライブから、風間篇であんだけ化けて、さらにここでもこんなに化けるんだ…すげえ」って本気で思った。

シャトナーオブワンダー♯1は本当に注目されていて、みただけでも、業界関係者がたくさん見に来ていた。役者仲間もそうだけれど、演出家とかプロデューサーとかそういったあたりの人をすごくみかけた。

勝吾くんにとって、それは本当にラッキーだったんじゃないかと思う。

よくもわるくも、薄ミュの風間ぐらいしか、舞台人には認知されていなかった勝吾くんが、風間とは全然違う役どころをきちんと、しかも魅力的に演じきったそのタイミングの作品が、業界の人が注目していた作品だったということ。

 

2016年、バラエティに富んだ作品に出演していたその種は、たぶんそのときにまかれたんじゃなかろうかと思っている。

 

この舞台で、勝吾くんは、演技の技術という面でも、気持ちのこもった(ロボットで、というのはちょっと矛盾するけれども)演技という面でも、大変強い印象を残していた、と思う。

シャトナーさんのツイートからもその片鱗はあって、

なによりも、シャトナーオブワンダー♯2「小林少年とピストル」

は、シャトナーさんに「ずっと小林少年をやれる役者を探していて、ロボ・ロボで勝吾くんに出会ったから、上演しようと思った」といわしめたのは、やっぱりものすごいことなんだと思う。

 

プロファイル:観劇歴とか

年間に、ライブ、ショー、コンサート、イベントを含めて、だいたい200回ぐらいは見ています。

ほぼ、特撮関係か、若手イケメン関係。(2.5とは限らない)

若手イケメン俳優が好き! と公言してるけど、ある演劇関係者に「演劇が好きだねえ」といってもらえたことは密かに嬉しかった出来事。

 

興味のあるジャンルは多岐にわたるので、全部わかる人は少ないと思います。

とりあえず、今一番おっかけているのは、鈴木勝吾。